菊芋はなぜ体調野菜なのか

腸内的の風土を考えるには、食物繊維に注目しますが、食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2分類が存在します。この食物繊維は均衡が大切で、不溶性食物繊維を数多く摂りすぎ、水溶性食物繊維を摂らないパターン、逆に便が放出されにくくなることがあります。
水溶性食物繊維は、水に溶け易くサッカリドの理解を統べるベネフィットがあり、血糖数字の急増を穏やかにする活動があります。胴が空きづらくなるので、腸内環境を考える他に、シェイプアップ反響も期待することができます。また、糖類だけでなく、塩気なども取り囲むことができます。
水溶性食物繊維には、こんにゃくに含まれるグルコマンナン、熟した果実に含まれるペクチンなどがあり、他には、海藻一団や、里芋、菊芋に数多く含まれています。単に菊芋には、イヌリンと呼ばれる水溶性食物繊維が多く、この他に亜鉛やポリフェノールなど様々なミネラル分が含まれています。菊芋において掛かるポリフェノールには、活性酵素をでき辛く始める抗酸化作用があり、亜鉛には、スキンの入れ替わりを促す活動もあるので、ビューティーにも反響が現れやすくなります。
菊芋に含まれるイヌリンは、腸の中に入ると善玉バクテリアの餌として、善玉バクテリアを増加することができます。また、イヌリンは悪玉バクテリアの餌にはならない結果、腸内的の風土は少しずつ整っていきます。
腸内的の風土をいじる水溶性食物繊維だけでなく、亜鉛やポリフェノールなどの養分も豊富な結果、菊芋は健康に良いとされています。ホームページ