毛孔に皮脂がふさがる理由として、その過剰分泌があります。
これは保湿原因です。
必要なものです。
ですが、過度に分泌されれば差し出しきれなくて、毛孔に詰まってしまう。
分泌量が掛かる原因は旦那ホルモンです。
発達期は旦那ホルモンが大幅に増えます。
旦那ホルモンが増えれば分泌量が多くなります。
大人になってホルモンプロポーションが安定すれば、分泌量は減少します。
ただし、大人になっても分泌量が伸びることがあります。
重なる原因は触発、安眠欠陥などです。
触発がかかると、旦那ホルモンが分泌されます。
硬い触発がかかったり、触発が続いたりすると、旦那ホルモンがたくさん分泌されます。
安眠欠陥については、安眠をとらないと体調が緊張状態になります。
交感神経が優位に変わるということです。
旦那ホルモンの分泌を促す稼働が交感神経にはあります。

妻の場合、黄体ホルモンという妻ホルモンの影響で、皮脂の分泌量が上がることもあります。
黄体ホルモンは、旦那ホルモンという構図をしたものです。
他にUVや低い食事も原因です。

完了、旦那ホルモンに関してなんですが、このホルモンは片隅栓の原因でもあります。
片隅栓は皮脂と角質が混ざったものです。参考サイト